道路・トンネル等

  1. ホーム
  2. 社会インフラ点検
  3. 道路・トンネル等
  4. 道路たわみ試験装置 TSD連続走行たわみ試験装置

道路・トンネル等

道路たわみ試験装置 TSD連続走行たわみ試験装置

TSD(Traffic Speed Deflectometer)は、レーザードプラー法による非接触型の連続走行たわみ試験装置です。TSDは今日多用されているFWDに替る革新技術で、欧米では既に多くの使用実績があります。

 

・実際の走行車両の軸重負荷による真の動的たわみを測定
・測定時走行車速:30 ~ 80 km/h
・サンプリングレート:1kHz (70km/h で測定間隔は2cm)
・交通規制をかけずに長距離測定可能
・たわみネットワークの可視化
・ IRIやGPR(3d-RADAR)との併用で路面性状の統合管理可能

 

詳細はこちらをご覧ください

連続走行たわみ試験装置TSD.pdf


お問い合わせフォーム
お電話でのお問い合わせはtel:048-871-3511
Page top