社会インフラ維持管理

  1. ホーム
  2. 社会インフラ維持管理

社会インフラ維持管理

RD8100 高感度・高精度パイプ&ケーブル・ロケーター(RADIODETECTION)

40年の伝統的技術の継承から生まれた先進の高感度・高精度パイプ&ケーブル・ロケーターです。
  • 独創的に配置された5個の検出素子(アンテナ)により、高感度・高精度を実現
  • 対象物の検出を容易にする5つのアクティブ探査モード
  • 最大200KHzまで24種の送信周波数を選択可能
  • GPS内蔵により探査位置情報も記録可能
  • Tx・RxをBluetoothで制御可能な先進のiLOC機能
  • 過酷な現場条件に応えるIP65の防水性

製品パンフレット

 
 RADIODETECTION社ホームページ
RD8100


3D-RADAR 高分解能三次元地中レーダ(3d-RADAR AS)

多素子の超広帯域アンテナを200~3,000MHzの正弦波周波数で高速に、かつ階段的に切替ながらデータ収録する革新的なステップ周波数式マルチチャンネル地中レーダです。
  • 超広帯域アンテナにより表層から1.5m程度(地質条件による)を探査可能、かつ28成分データを同時に取得(DXG2428使用時)
  • 多成分ゆえ可能な水平断面(深度スライス)表示により埋設物や空洞等の広がり・方向性を容易に把握可能
  • 路面下空洞、橋梁床版、鉄道軌道、トンネル背面、滑走路、港湾、法面変状、埋蔵遺跡調査等、多様な調査・研究に適用可能

3d-RADAR カタログ

適用事例


3d-RADAR【路面下空洞調査への適用】

路面下70cmに空洞が検出された例です。水平断面データよりその大きさを容易に推定できます。

 

3d-radar-road-13d-radar-road-2

3D-RADARの製品情報はこちら


3D-RADAR【港湾への適用】

複数の測定データを1枚に合成し、同一深度の水平断面として表現することで、深度毎のアノマリーを明瞭に捉える事が可能です。以下のデータは港湾への適用例です。

 

3d-radar-harbor-2

3d-radar_harbor-1

3D-RADARの製品情報はこちら


3D-RADAR【道路橋床版・滑走路への適用】

コンクリート床版の劣化(砂利化)や高速道路・滑走路の表層浅部に見られる小さな変状(ポットホール等)調査にも有効です。

 

3d-radar-airport-13d-radar_Bridge2

3D-RADARの製品情報はこちら


3D-RADAR【鉄道軌道調査への適用】

3D-RADARは、多くの国々の鉄道軌道に適用されています。以下のデータは、バラスト厚及び路盤、路床の変状を捉えた例です。

 

3d-radar_railway1 3d-radar-railway-1

3D-RADARの製品情報はこちら


3D-RADAR【トンネル背面空洞調査への適用】

エアーカップル型DXシリーズアンテナをトンネル背面空洞調査に適用した例です。背面に大きな空洞(幅2m×60cm以上)を捉えています

 

3d-radar-tunnel-13d-radar-tunnel-2

3D-RADARの製品情報はこちら


3D-RADAR【堤防・道路法面調査への適用】

アンテナを重機に搭載することで堤防や道路の法面変状を面的に、かつ効率的に調査可能です。

 

3d-radar_embankment13d-radar-bank-1

3D-RADARの製品情報はこちら


3D-RADAR 【埋蔵遺跡調査への適用】

複数の測定データを1枚に合成し、同一深度の水平断面として表現することで、深度毎のアノマリーを明瞭に捉える事が可能です。以下のデータは埋蔵遺跡調査への適用例です。

 

 

3d-radar-ruin3d-radar-harbor-1

3D-RADARの製品情報はこちら


PIT-X インテグリテイ試験装置(PDI)

杭頭部をハンマーで打撃し、杭底面からの反射波を捉えて杭長、杭断面の変化、クラック等の性状を診断する装置です。
  • ワイヤレス加速度計の採用で取扱の容易な杭の健全性試験装置
  • インテグリテイ試験は、国交省で橋梁基礎の損傷調査法、建物基礎杭工事の品質試験方法として、技術評価されマニュアルが公開
  • 場所打ち杭、コンクリート打込杭、鋼管杭、木材杭に適用可能
  • 米国技術基準ASTMD5882に準拠した試験法

製品パンフレット

 

PIT-X-1PIT-X-2


SQUID 杭支持層強度試験装置(PDI)

場所打ち杭の支持層の地盤強度と孔底におけるスライム厚を定量的に測定するPDI社の独創的な技術です。
  • 本体下部にある3個のCPTロッド(コーンペネトロメータ、断面積は10cm2)により、直接的に孔底地盤強度を測定
  • コンタクトプレートによりスライム厚を直接測定
  • 杭支持層の確実な把握に適用可能

製品パンフレット

 
SQUID-2


PDA 杭の衝撃載荷試験(PDI)

杭頭に重錘を落下させ、杭体に発生した弾性波を杭頭に設けた歪計と加速度計で測定し、杭の打止め深度や支持力等を求める装置です。
  • 本試験法は、地盤工学会の「杭の鉛直載荷試験方法・同解説」(JGS-1816-2002)の衝撃載荷試験に対応
  • 杭頭を打撃し、杭体に発生した波動現象を杭頭に設置した歪計と加速度センサーから一次元波動理論に基づいて支持力を導出
  • PDAに搭載したソフトPDA-W/iCAPにより、リアルタイムで全貫入抵抗力を算出表示しますので杭の施工管理に最適

製品パンフレット

 

PDA-1PDA-2


TIP 養生温度による場所打ち杭の健全性試験(PDI)

場所打ち杭の支持層の地盤強度と孔底におけるスライム厚を定量的に測定するPDI社の独創的な技術です。
  • 本体下部にある3個のCPTロッド(コーンペネトロメータ、断面積は10cm2)により、直接的に孔底地盤強度を測定
  • コンタクトプレートによりスライム厚を直接測定
  • 杭支持層の確実な把握に適用可能

製品パンフレット

 
TIP-1TIP-2


SHAPE 超音波による場所打ち杭の形状(孔壁)測定装置(PDI)

周方向に4個~8個装備した超音波振動子により孔壁までの伝播時間を測定することで杭の形状を高い精度で測定する装置です。
  • 杭の形状を高い精度で測定可能
  • 孔内水の濃度に依存する伝播速度は、校正用振動子で補正可能
  • 深度情報は、エンコーダ又は水圧計により対応可能

製品パンフレット

 
SHAPE-1SHAPE-2


MAGLog-3 3軸デジタル磁気検層装置(ジオファイブ)

外形φ34mmの小型化、かつ測定分解能±0.01nTを実現した高分解能3軸デジタル磁気検層装置です。
  • 鋼矢板や杭基礎の根入れ深さ測定や不発弾等の調査に適用可能
  • 測定は深度に同期した検層モードと時間送りモードを設定可能
  • 3軸を使用する場合は、内溝付きの孔内傾斜計用パイプを使用
  • 1軸磁気傾度計、3軸磁気傾度計の製作も可能
  • データサンプリング間隔は、1~200Hz選択可能

製品パンフレット

 

MAGLog-3


TSD 連続走行たわみ試験装置(GREENWOOD ENGINEERING)

欧米で既に多用されているFWD法に替る革新の非接触型連続走行たわみ試験装置です。
  • 実際の走行車両の輪重負荷による真の動的たわみを測定
  • 測定時の走行時速は、30~80Kmを達成
  • 高速サンプリングを実現、時速70Km時で2cm間隔で測定可能
  • IRIや3次元GPRの併用で、路面性状の統合管理可能

製品パンフレット

 

TSD-2


TM-270型鉄道トンネル検査システム(クラボウ)

高繊細カラーラインカメラを7基搭載し、トンネル壁面全体の高解像度画像を撮像する最新システムです。点検作業の大幅な省力化・効率化に役立ちます。
  • 取扱が容易、夜中の限られた時間で高解像度の全面内壁画像を撮像可能
  • 充実した解析ソフトウエアにより覆工画像からひび割れを自動抽出、また漏水等の損傷を描画することで損傷図を作成可能
  • トンネル形状数値入力により自動で覆工画像を作成可能

TM-270-1 TM-270-2


PG-4型路面検査コンパクトユニット(クラボウ)

高精細カラーカメラと赤外線レーザー技術により、ひび割れ・わだち掘れ量・ポットホール等の路面性状を高速、かつ高精度に撮像可能な最新鋭装置です。
  • 最高時速100Km/hで走行しながら高精細な画像を取得可能
  • 変状個所の自動抽出・自動判定の可能な充実したソフトウエアを完備
  • 高性能赤外線レーザーの使用で昼夜を問わず、測定可能
  • 安価な2Dカメラ仕様のラインスキャンカメラも用意

PG-4-1 PG-4-2


TFT トンネル切羽前方監視装置(ジオファイブ)

掘削時の発破を利用することで工事を中断することなく切羽前方及び切羽近傍の地質状況を把握可能な弾性波探査装置です。
  • 各装置の電源ON/OFFや発破信号の伝送には無線技術を採用
  • 先進のケーブルレス技術で作業性・信頼性を飛躍的に向上
  • 専用の解析処理プログラムの開発により土木技術者でも解析可能
  • 既に多くの使用実績を有し、NETIS:TH-170003-A登録

製品パンフレット

 

TFT-1TFT-2


ユーティリティスキャン 350HS (GSSI)

先進のハイパースタッキング技術と新概念の広帯域アンテナ技術を搭載した高性能デジタルGPRです。
  • 世界初ハイパースタッキング技術によりSN比を飛躍的に向上
  • 新概念の広帯域アンテナの搭載により、表層から深度約3m(地盤による)の探査が可能
  • 地中送電線の有無を調べるLine Tracモジュールを付加可能
  • IP65に準拠した防塵防水規格、専用カートにより優れた作業性
  • GPS接続用IF機能を標準装備

製品パンフレット

 

350HS-1 350HS-2


ユーティリティスキャン スマート(GSSI)

先進のハイパースタッキング技術を採用し、地下埋設管探査に特化したコストパフォーマンスに優れた高性能デジタルGPRです。
  • 新概念の広帯域アンテナの搭載により、表層から深度約3m(地盤による)の探査が可能
  • 地中送電線の有無を調べるLine Tracモジュールを付加可能
  • IP65に準拠した防塵防水規格、専用カートにより優れた作業性
  • アンテナ部とデータ収録部(PC)間は、BlueTooth通信で快適
  • GPS接続用IF機能を標準装備

製品パンフレット

SMART-1

SMART-2


ユーティリティスキャン DF(GSSI)

2周波(300MHzと800MHz)一体型構造で表層から2m程度(地質条件による)を探査可能な高性能デジタルGPRです。
  • 1回の走行で800MHzと300MHzのデータを同時に得られますので、表層から深部(2m程度)まで高い分解能で測定可能
  • RADAN7ソフトウエアを標準装備
  • 専用カートで優れた作業性を発揮
  • 堅牢、かつIP65に準拠した防塵・防水構造
  • 地中送電線の有無を調べるLineTracモジュールを付加可能

製品パンフレット

 

DF-1 DF-2


PaveScan RDM アスファルト舗装密度計(GSSI)

電磁波を応用した非破壊で、かつリアルタイムにアスファルト転圧時の比誘電率から密度や空隙率を連続的に測定する革新的な装置です。
  • アスファルト転圧時の比誘電率を非破壊で連続的・リアルタイムに測定、かつコアサンプルの情報を入力することで密度や空隙率に換算可能。
  • アスファルト舗装の品質管理や長寿命化に極めて有効
  • 放射線源を用いないので取扱が容易、かつ資格等も不要

 

Pavescan-1 Pavescan-2


Road Doctor 道路管理用GPR処理ソフトウエア(RoadScanners)

道路の維持管理に特化したソフトウエアです。目的や用途に応じて、多様なソフトウエアモジュールが用意されています。
  • Road Doctor 3を基本に測定項目に応じた各種モジュールを用意していますのでカスタマイズを容易に構築可能
  • GPRとカメラ画像を同期したRoad Doctor CamLinkを用意
  • たわみ試験、路面性状等を統合表示可能なSurface Analysisモジュール
  • 3D-RADARの他、GSSI、IDS、MALA等、各社GPRに対応可能

製品パンフレット

 

RoadDoctor3-1

RoadDoctor-2


BA-500 ボアホールレーダ(GEOSCANNERS)

φ38mmの小型化を実現した無指向性の高性能ボアホールアンテナ、鋼矢板や鋼等の根入れ測定、トンネル前方監視等に有効です。
  • 中心周波数が120MHzのBA-120、485MHzのBA-500、750MHzのBA-1000を用意、目的に応じて選択可能
  • データ収録制御装置は、専用の「Akula9000」の他、「SIR-4000(GSSI)」も使用可能
  • 検層ケーブルやロングラインドライバー等、周辺機器も完備

製品パンフレット

 

BA-500-1BA-500-2


オームマッパー 牽引式比抵抗探査装置 (Geometrics)

電極を打設することなく、送信器と受信器に接続されたケーブルと地盤間の電荷結合技術を応用した全く新しい概念の比抵抗探査装置です。
  • 電極の打設が不要、送・受信器を牽引しながら迅速な測定可能
  • 測定レンジは、3~100KΩmと広い範囲をカバー
  • 探査深度は送・受信器の間隔に比例し、約10m程度
  • 解析は、2次元比抵抗解析プログラム「ElecImager/2Dまたは「RES2DINV」を使用

製品パンフレット

 

ohmmapper-1ohmmapper-2


NST-2 根入れ深さ測定装置(ジオファイブ)

多くの使用実績とその有用性が評価され、「NETIS活用促進技術」に登録された鋼製防護柵の根入れ深さ測定装置の業界標準器です。
  • タフパッド型PCの採用で過酷な環境性能を有する機動性や操作性に優れた肩掛け方式
  • デジタルフィルターの機能強化により、操作性も大幅に向上
  • 地山補強鉄筋(ロックボルト、アンカーボルト)等の根入れ深さ測定も可能
  • (社)弾性波診断技術協会認定品、NETIS番号 KT-060039-VE

製品パンフレット

 

NST-2-1NST-2-2


コロージョンドクター 鋼製柱腐食診断装置(ジオファイブ)

道路附帯物(標識や照明)や信号柱等、各種鋼製柱の地際での腐食損傷の程度を簡易に診断する超音波診断装置です。
  • SH波振動子により、地際部を開削することなく腐食状況を診断
  • 測定原理はF/B法により鋼管円周上90度毎に4か所測定、それぞれ「健全・やや健全・腐食あり」を瞬時に判定し、LCDに表示
  • 超音波パルサー・レシーバ部と環境性能に優れたタフパッド型PCを一体化した肩掛け構造の採用で、作業性や機動性も大幅に向上
  • NETIS登録済(KT-150121-A)、また埼玉県産品に登録済

製品パンフレット

 

CorrosionDoctor-1CorrosionDoctor-2


コンクリート抵抗率計 CRM-01

image018RM-01は、等間隔4極法による抵抗率計です。定電流による通電方式に加え、自動レンジ機能の採用により低抵抗から高抵抗までを全自動で、迅速に、かつ高い精度で測定できます。

  • 測定範囲は、10Ω-cm~550KΩ-cmと広範囲をカバー
  • 動作電源:単3型アルカリ電池×4本、又はUSB電源
  • 測定結果は、LCDに表示され、約20,000データをメモリに保存可能
  • コンクリートの他、路頭岩やボーリングコアにも応用可能

詳細はこちらをご覧ください

コンクリート抵抗率計CRM-01.pdf


超高分解能鉄筋探査レーダー SIR-EZ HR

image006鉄筋コンクリート構造物内の密集鉄筋や配管・空洞・ジャンカ等の高精度探査装置です。

  • 高周波アンテナ技術により、水平、垂直共に世界最高レベルの分解能を実現
  • 装置本体内で直ちに鉄筋の3次元表示が可能
  • 反射パターンに着目した自動誘電率測定機能による、自動深度補正機能を搭載
  • 反射振幅に着目した自動感度調整機能による、現場条件に合った鮮明な探査画像
  • ファームウエアが更新された場合、ユーザーによるバージョンアップが可能

詳細はこちらをご覧ください

SIR-EZ HR.pdf


お問い合わせフォーム
お電話でのお問い合わせはtel:048-871-3511
Page top