地質調査機器

地質調査機器

【地質調査機器】                                 多点温度検層器

image042比類の無い高精度・高分解能・高安定を実現した多点温度検層器です。 地下水流動層の把握やダム・湖等の温度分布調査に適用可能です。  

  • 高精度:±0.005℃、高分解能:<0.00005℃、高長期安定:<0.002℃/年
  • 最小25cm間隔で、最大24個の温度センサを連結可能
  • サンプリング間隔は3秒から24時間、任意に設定可能
  • ケーブル長は、最大150mまで延長可能
  • 30MBの大容量メモリを搭載

詳細はこちらをご覧ください
多点温度検層器  


高分解能温度検層装置 HPTL-1000

HPTL-10004線式白金抵抗体を用い測定分解能1/10,000℃を実現した高分解能温度検層装置・温度モニタリング装置です。

  • 1/1000℃以下の測定分解能
  • 長期安定性に優れた白金測温抵抗体
  • 低熱容量、高速応答性
  • 1,000m 級以上の大深度に適用可能
  • デジタル伝送方式で高SN 比
  • ケーブルヘッドはCT-2000GAと互換性有り

 


詳細はこちらをご覧ください

HPTL-1000.pdf

 


高分解能温度電気伝導度検層 CT-2000

CT-2000地下水環境の調査研究に最適な高分解能(1/1000 ℃、1 μS/cm)温度電気伝導度検層装置です。

  • 1/1000℃の高分解能温度センサと7 電極式電気伝導度センサを結合した温度電気伝導度測定装置 
  • センサ部でAD 変換し、RS485 インターフェースによるデジタル伝送で、1000m 以上の深度にも対応 
  • 大深度の地下水挙動や、沿岸域における塩淡境界調査・研究に適用可能

 


詳細はこちらをご覧ください

CT-2000.pdf

 


お問い合わせフォーム
お電話でのお問い合わせはtel:048-871-3511
Page top