地質調査

  1. ホーム
  2. 地質調査

地質調査Geology

物理探査や検層をはじめとする、斜面・動態観測、地下水モニタリング、原位置試験、土壌汚染・放射線量測定、井戸・管路点検に用いる各種調査機器を取り揃えております。

物理探査および検層

物理探査および検層

物理探査とは、振動の伝わる時間、電気の流れ易さ、電磁波(レーダ)の反射の状況、重力の強弱、磁場の強さなどの物理的性質に着目して地盤の特性を把握する調査方法です。

ボーリングなどの孔を掘らないで地盤の状況を把握することが出来ます。調査の目的に応じて単体、あるいは複数の方法を組み合わせて実施します。

地震探査

人工的に振動を地面に与えて、伝わる波(弾性波)の様子を調べます。
地面を掘らずに、広域に地下構造を把握することが可能です。

電気探査

地盤の電気の流れやすさから、地下を推定します。電気が通りやすくなっている部分には地下水や金属鉱床など何かがあると推測することが出来ます。

地中レーダ探査

地中レーダ探査は、地中に電磁波を照射し、地下の空洞や地層境界、埋設管など地中の反射体からの反射波を捉えて、地中の状況を非破壊で探査する手法です。都市の再開発に伴い事前調査としての埋設管探査のほか、昨今では環境調査の分野においても地下レーダ探査が用いられてきています。

超音波伝播速度試験装置

超音波を用いて岩石供試体のP波・S波伝播速度を高精度で測定します。

検層

地盤の弾性波速度(P波・S波)を測定するPS検層装置や、浅部検層や深部検層に用いる機器まで取り揃えております。


各種製品情報はこちら

斜面・地下水モニタリング

斜面・地下水モニタリング

孔内傾斜計は、ボーリング孔に設置した専用ケーシングパイプにプローブを挿入して、地中の水平方向の変位を連続的に測定するツールです。大規模工事に伴う地盤の緩みや都市土木工事における周辺地盤の変状測定、地すべり観測などに幅広く利用できます。

また環境モニタリングでは地下水の挙動を把握し汚染状況の変化を計測することが重要になっています。絶対圧型水位計をはじめ、大気圧補正型水位計、水位+導電率、水位+phを同時に測定できる製品など多岐にわたって取り揃えております。

製品情報はこちら

原位置試験

原位置試験

原位置の地表またはボーリング孔などを利用して地盤の性質を直接調べる試験です。孔内水平載荷試験は、ゾンデに装着したゴムチューブを水で膨張させてボーリング孔壁面を加圧し、その時の圧力と孔壁面の変位量を測定することによって、地盤の強さや変形特性を求める試験になります。軟岩から硬岩にいたるまで、広い範囲の岩盤で調査を行うことが出来ます。

製品情報はこちら

土壌汚染・放射線量測定

土壌汚染・放射線量測定

汚染土壌中の有害重金属元素(Cd,Pb,Hg,As,Se等)を最小限の前処理だけで、簡単かつ迅速に分析できます。

製品情報はこちら

井戸・管路点検

井戸・管路点検

小型井戸用の水中カラーTVカメラで、深度100mクラスから300mクラスまでの縦孔の調査及び点検が簡単な操作で行なえます。

製品情報はこちら

お問い合わせフォーム
お電話でのお問い合わせはtel:048-871-3511
Page top