道路・トンネル等

  1. ホーム
  2. 社会インフラ点検
  3. 道路・トンネル等

道路・トンネル等

「ユーテリティスキャンスマート」の販売を開始しました。

「ユーテリティスキャンスマート」の販売を開始しました。

コンパクトなボディでもち運びがラクになりました。

しかも従来の地中レーダーよりもお求めやすい価格帯になりました。

詳細はこちらをご覧ください

ユーティリティスキャンスマート カタログ

UtilityScan


次世代デジタルアンテナ 350 HS

350HS

GSSI社の特許技術「リアルタイムサンプリング&ディザリング送信」により、従来の400MHzアナログアンテナと比べて探査深度が1.5倍以上に向上しました。より高い分解能で、ノイズの少ないクリアな画像を実現しています。

左:350HS アンテナ使用時 右:従来アナログアンテナ(400MHz)使用時

左:350HS アンテナ使用時
右:従来アナログアンテナ(400MHz)使用時

詳細はこちらをご覧ください

350HSアンテナ カタログ


ステップ周波数方式3次元地中レーダ 3D-RADAR(Geo Scope MkⅣ)

新概念の最新鋭ステップ周波数方式3次元地中レーダ装置

GeoScope Mk Ⅳ(3d-Radar)

image002     image003image002

 

 

 

 

 

 

 


多チャンネルの超広帯域アンテナを搭載。周波数範囲 200MHz~3GHz で高速に周波数を切替えながらデータを取得。リアルタイムデータ処理により反射波形を出力します。 ≫詳細情報


2周波数一体型デジタル地中レーダ ユーティリティースキャン DF

image004周波数が300MHzと800MHzのアンテナを同一ケースに収納し、かつアンテナ内でデジタル変換する2周波一体型の高性能地中レーダです。  

  • 1回の走行で800MHzと300MHzのデータを同時に得られるため、表層付近から深部(2m程度)まで高い分解能で測定可能に。また作業性も大幅に向上
  • アンテナ内でデジタル変換しているため、高S/N比・高品質を確保
  • RADAN-7ソフトウエアを標準装備
  • 堅牢、かつIP65に準拠した防塵・防水構造

  ≫詳細情報


高性能GPRデータ収録装置 SIR-4000

sir-4000従来のGSSI製アナログアンテナ及び次世代型デジタルアンテナに対応可能な高性能GPRデータ収録装置です。

  • 探査目的に応じたデータ収録モードを搭載。また、新採用のコントロールノブにより取扱も容易
  • 高輝度・高解像度10.4インチLEDディスプレイ
  • 収録データは、USBもしくは無線LANにてデータ伝送可能
  • 堅牢設計、かつIP65に準拠した全天候型を実現
  • GPSを接続することで位置情報を取得しながら測定可能

詳細はこちらをご覧ください

SIR-4000.pdf


道路/鉄道 維持管理用計測データ統合ソフト Road Doctor

image008道路および鉄道等のインフラ維持管理のための計測データ統合ソフトウエアです。

Road Doctorには、目的および用途に応じて多様なモジュールが用意されています。  

・地中レーダ専用のRoad Doctor GPR

・GPRとカメラ画像を合わせたRoad Doctor Cam-Link

・たわみ試験, 道路性状等を統合して表示できるRoad Doctor Pro

・本ソフトウエアは、GSSI, 3D-RADAR, IDS, MALA等、各社GPRデータに対応可  

詳細はこちらをご覧ください RoadDoctor.pdf


超高分解能鉄筋探査レーダー SIR-EZ HR

image006鉄筋コンクリート構造物内の密集鉄筋や配管・空洞・ジャンカ等の高精度探査装置です。

  • 高周波アンテナ技術により、水平、垂直共に世界最高レベルの分解能を実現
  • 装置本体内で直ちに鉄筋の3次元表示が可能
  • 反射パターンに着目した自動誘電率測定機能による、自動深度補正機能を搭載
  • 反射振幅に着目した自動感度調整機能による、現場条件に合った鮮明な探査画像
  • ファームウエアが更新された場合、ユーザーによるバージョンアップが可能

詳細はこちらをご覧ください

SIR-EZ HR.pdf


道路たわみ試験装置 TSD連続走行たわみ試験装置

TSD(Traffic Speed Deflectometer)は、レーザードプラー法による非接触型の連続走行たわみ試験装置です。TSDは今日多用されているFWDに替る革新技術で、欧米では既に多くの使用実績があります。

 

・実際の走行車両の軸重負荷による真の動的たわみを測定
・測定時走行車速:30 ~ 80 km/h
・サンプリングレート:1kHz (70km/h で測定間隔は2cm)
・交通規制をかけずに長距離測定可能
・たわみネットワークの可視化
・ IRIやGPR(3d-RADAR)との併用で路面性状の統合管理可能

 

詳細はこちらをご覧ください

連続走行たわみ試験装置TSD.pdf


お問い合わせフォーム
お電話でのお問い合わせはtel:048-871-3511
Page top